変形性膝関節症/膝痛【患者様の口コミ】

整骨院での治療が有効な膝痛の原因/症状/治療

膝の内外部の痛み/炎症には基本的にダイナトロン950plus/気功/お灸が効果的です

【ダイナトロン950plus】は痛み/炎症に対して非常に有効です

靭帯/腱/筋肉等の浅い部分の痛みだけで無く、半月板/軟骨等の膝関節内部の深い部分にも効果的です

電気治療器のビリビリする感覚が苦手な方でも、多くの電気治療器と違って治療時に全く感覚が無いので、電気治療器が苦手な方でもご安心下さい

特に膝のお皿の裏側の痛みで膝蓋軟骨軟化症はどこに行っても治らなかったと言われる事が多いですが、ダイナトロン950plusは骨の裏側でも有効ですので、すぐに痛みが無くなる場合が殆どです

【気功】は自分自身で膝内部の半月板or軟骨を痛め、半年間どんな治療を行っても殆ど効果が無く治らなかったのですが、試しに自分で気功を行ってみた所、約2週間で殆ど痛みが無くなったのですが効果を信じられませんでした

しかし自分に切れ痔とお腹の中で塩素ガスが発生した事がキッカケで効果を信じるようになりました

なぜ良くなるのか全く分かりませんが、今では最も有効な治療かも?と思っています

【お灸】の熱は温度はそれ程高く無いですが、体の深部まで熱が到達します

スイカの表面にタバコの葉とお灸のもぐさでの比較実験を行った所、タバコの葉だと表面の損傷は大きいが内部の色の変化は浅い部分までだが、お灸のもぐさの方は表面の損傷は殆ど無いが内部の色の変化は非常に深い部分まであったと、鍼灸学生時代に先生から聞きました

実際に患者さんに行っても膝内部の深い部分の疾患にはお灸が非常に効果的です

膝痛で来院された患者様の口コミ

変形性膝関節症 

軟骨が磨り減り高齢になると多くの方に起こります

特に痛めた事が無くても自然に起こるので病気/疾患とは言えないかも知れません

初期は安静後に動作の開始時が重くて痛い、深く曲げたり伸ばしたりする場合の動きの最後の部分が動き難く可動域制限が起こります

私自身が40歳台で変形性膝関節症が悪化した時、関節軟骨がすり減り歩いたり走ったりした場合に骨同士がガツガツとぶつかる様な感じがして非常に痛みましたが、ダイナトロン950plusとサプリメント(当時はまだ気功を行っていませんでした)で改善しました

痛みは勿論、骨同士がガツガツとぶつかる様な感じも無くなったので関節軟骨も再生したと思います

以前はすり減った関節軟骨は再生しないと思われていましたが、大阪病院でも膝関節の環境が良くなると関節軟骨が再生する事が確認されています(上から2個目画像)

私自身の変形性膝関節症は競輪選手時代に酷使したせいも有り非常に悪い状態でしたが、日常生活を送ったり再び自転車で1日150㎞程度も走ったりできる様になったので、手術や高額な治療方法を試す前に当院でダイナトロン950plus+気功+お灸+サプリメントをぜひ試して頂きたいです

※変形性膝関節症にはサプリメントが効果的ですが、ご自分で薬局/ネット等でで購入して頂く必要があります 私は前職の競輪選手時代から膝のサプリメントを25年以上色々な種類を飲んでいますので、私の経験の範囲で低価格で効果的な製品をお教え致します

内/外側側副靭帯損傷 

膝の横側から外力が加わったり、膝が内/外側に倒れる動きで起こります

膝の側面をぶつけても起こります

膝のお皿の内/外後方斜め下辺りが傷み、押すと圧痛があります

膝の内/外側を手で支え、足首を横方向に動かすと、通常は足首が側方に動きませんが、中等度以上の靭帯損傷の場合は動く様になります

靭帯が完全に断裂していると、大きく動きます

完全に断裂している場合は手術が必要です

靭帯が断裂していない中等度以下の場合はダイナトロン950plusが非常に効果的です

痛みが有り歩行しにくく足の筋肉が疲れるので、筋肉の負担を減らすのも有効です

腸脛靭帯炎(ランナー膝) 

大殿筋と大腿筋膜張筋は合わさって腸脛靭帯となり、脛の骨に付着します

大殿筋と大腿筋膜張筋が緊張し過ぎの状態で、足の運動を行い過ぎ大腿骨の外側の膨らんだ所で擦れて炎症を起こすのが原因です

膝の皿の外上方が傷み、圧痛も生じます

ダイナトロン950plusで炎症に対して治療を行います

鍼と活法で筋肉の緊張を緩めるのも有効です

膝蓋腱炎(ジャンパー膝) 

太もも前面の大腿四頭筋は膝蓋腱となり膝のお皿に付着します

大腿四頭筋の緊張が強い時、筋肉を使い過ぎた時に、膝蓋腱の部分で炎症が起きます

膝のお皿周辺の痛みと圧痛が生じます

ダイナトロン950plusで炎症に対して治療を行います

鍼と活法で筋肉の緊張を緩めるのも有効です

鵞足炎

骨盤から始まった3種類の筋肉が脛の骨の内側の一部分に付着します 

3種類の筋肉の緊張が強かったり、筋肉を使い過ぎた時に、膝のお皿の内下方の部分で炎症が起きます 

膝のお皿の内下方周辺の痛みと圧痛が生じます

ダイナトロン950plusで炎症に対して治療を行います

活法/鍼で筋肉の緊張を緩めるのも有効です

膝蓋軟骨軟化症 

膝のお皿の裏側の軟骨の炎症です

足の使い過ぎ、外傷、膝のお皿を床に押し付けた姿勢を長時間続けた時等に起こり易いです 

運動時に膝のお皿周辺が痛かったり、お皿を上から圧迫しグリグリ動かすと痛みます

膝蓋軟骨軟化症の治療は有効な治療方法があまり無く治りにくいらしいですが、ダイナトロン950plusは関節の内部や骨の内側まで治療効果が有りますので、1~2回で痛みが無くなる事が多いです

オスグッド・シュラッター病

大腿四頭筋は膝蓋腱となり膝のお皿に付着して、お皿から脛の前側の出っ張った所に付着します

10~15歳ぐらいで骨が完成していない時に、足を使い過ぎると、脛の前側の付着部に過大なテンションが掛かるのが原因です 

他の原因では成長期で骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、筋肉の長さが足りなくなるので、付着部に常にテンションが掛かるのが原因です

この様な原因で、脛の前側の付着部に炎症が起こったり、付着部の骨が盛り上がってきたりします

ダイナトロン950plusで炎症に対して治療を行います

鍼と活法で大腿四頭筋の緊張を緩めるのも有効です

半月板のズレ

膝の中の半月板が外側にズレて、立った時や膝を伸ばす時に痛み、何か挟まった様な感覚があります

歩行時も膝関節部分がチクチクと痛みます

内側の半月板がズレた場合はお皿の内側が痛く、外側の半月板がズレた場合はお皿の外側が痛くなります

半月板のズレの治療は手技で半月板の位置を戻します

非常に痛い戻し方も有りますが、当院の方法は痛くありません

整骨院である程度痛みに有効な膝痛の原因

半月板損傷

膝関節内で半月板が、欠けたり断裂したりします 

膝に力が入らなくなったり、膝を曲げれなくなったり、伸ばせ無くなったりします(ロッキング)

自分自身が椅子に上がる時、膝軟骨or半月板損傷になり半年間様々な治療を行ったが殆ど改善せず自分で気功を行った所、2週間程度で改善したので気功を試してみる価値はあると思います

私自身が膝のロッキングを起こした時に良くなった対処法

タナ障害

お皿の骨と内側の太ももの骨の間に滑膜ヒダという膜が挟まり炎症を起こします 

膝のお皿の内側が痛く、何か挟まった感じがします

行った事が無いのでハッキリと分かりませんがダイナトロン950plusは痛みに対してある程度有効と思います

しかしタナと言われる滑膜ヒダが無くなる訳ではありません

 

予約優先 06-7492-8230

(クリックすると電話が掛かります)

初診の時はお伝えください

受付時間 平日10:00~14:00 16:00~20:30

木曜16:00~20:30 土曜10:00~16:00のみ

お気軽にお電話して下さい

大阪市西区南堀江3-12-26

大阪市西区 田中鍼灸整骨院 トップページ

このページの先頭へ