キーボードの一部のキー無反応が改善しました

SN3U14081

写真はキーボードを押しても一部のキーの反応が悪く文字が入力しずらかったのが、かなり改善できた方法です

すごく強く押さないとキーボードが反応しなかったので、何か挟まっているのかと思いキーを外しても、特に何も無いし、キーを持ち上げているゴムがへたって、相対的にキーを押した時の圧力がかかりずらくなっている状況だったので、キーの裏側の縁の高くなっている部分をヤスリで削りました

(何故ゴムがへたっていると考えたかと言うと、キーを取り外した状態で、直接ゴムを指で押すと、何の問題も無く文字が入力できる状態だったからです)

グーグルで検索しても、この方法は出てこなかったので、参考の為に載せました。

当然ですが、水をこぼして反応しない等には無効です

SN3U140751

キーを取り外す時も注意が必要です 私は精密ドライバーのマイナスで奥側からこじって取り外しましたが、内部のパンタグラフの様な部分が傷む可能性があります

真似する場合は自己責任でお願いします

 

予約優先 ☎ 06-7492-8230

(クリックで電話が掛かります)

初診の時はお伝えください

大阪市西区南堀江3-12-26

田中鍼灸整骨院トップページ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ