切れ痔・便秘&混ぜるな危険塩素ガスがお腹の中で!?

私自身が切れ痔・便秘になり最終的に気功を行い改善した事を書いています 

早く切れ痔・便秘に関係する事を見たい場合は【混ぜるな危険塩素ガス】を抜かして【切れ痔の状態が悪化】【便秘も改善?】を見て下さい

【混ぜるな危険塩素ガス】

2019年12月中頃、私は切れ痔になってしまいました

そして切れ痔になった約半月後、”混ぜるな危険塩素ガス”がお腹の中で起こってしまいました

洗剤等で注意を喚起されている混ぜるな危険塩素ガスがお腹の中で発生?

一体どういう事?と言われます

私はその頃トマトを次亜塩素酸ナトリウムで消毒してから食べる様にしたのですが、すすぎが不十分で次亜塩素酸ナトリウムが残った状態で食べてしまい、悪い事にトマトを食べたのと一緒に疲れに効果があると言われるクエン酸を一緒に採ってしまいました

それの何が問題なのか?と思われるでしょうが、私も全く知りませんでしたが実は大問題なんです!!!

この場合一緒に採ったクエン酸は酸性洗剤と同じ働きを持つので、塩素系と酸性の洗剤を混ぜると有毒な塩素ガスが発生してしまうのが私のお腹の中で起こってしまったんです!!!

食べて暫くするとお腹がパンパンに腫れてきて、特に直腸辺りの腫れは座る時に影響が大きく有り、左右どちらかのお尻に体重を掛けて座る様にしないと肛門周辺~直腸の圧迫が大きく真っ直ぐ普通に座る事が出来なくなりました

大腸も同様にパンパンに腫れていると思われ、大便も1~2日間全く出なくなりました

そして、12月31日に最後の患者さんの施術を終えた2~3時間後から、今度は逆に綿棒くらいの太さの大便が15分に1回程度、いくら我慢しようと思っても全く我慢出来ずに出るようになりました

(通常の下痢等とは全く違う初めての感覚で、少し便意を感じると我慢しようと思っても全く止まらずにそのまま便が出てしまいます 常にトイレに行ける状態でトイレ周辺に待機していたので何とか漏らさずに済みましたが😅)

翌日の1月1日に休日診療所に電話で相談してみると、ここでは分からないので中毒110番という所で相談してくださいと中毒110番の電話番号を教えて頂きました

今回の事を伝えると有効な薬は無くて、乳酸菌を採り腸を保護する程度しか手段が無いと言われました

家族に乳酸菌入りヨーグルトを買って来てもらいヨーグルトを採るとお腹の腫れは徐々に減少し便も鉛筆程度に少し太くなりました

「生きて腸まで届く乳酸菌」と宣伝されているのは本当でした!

【切れ痔の状態が悪化】

混ぜるな危険で便が細くなったおかげで切れ痔の病状はかなり改善して、排便時のカッターで切られる・皮膚が裂けるように感じる鋭い痛みと出血は減少していました

しばらく一進一退を繰り返していたのですが、2月後半から切れ痔の病状が悪化しだし、カッターで切られる・皮膚が裂けるような鋭い痛みと出血が強くなってきて非常に辛く我慢しづらい状態になってきました

ボラギノールA・プリザS・プリザエース・ブリジエールα・ザーゲンAX等の軟膏・注入軟膏・座薬、マグネシウムのサプリメント、乙字湯という便が柔らかくなる漢方薬をずっと飲み続けていたのですが徐々に悪化が進み、

『3月10日』

3月10日の夜に排便を行った時、あまりの激痛と多量の出血に殆ど期待はして無かったのですが、もしかして少しでも効果が有ればと思いダメ元でズボンの上から気功を行ってみました

気功を行って30分程すると、椅子に座ったりする時に直腸・肛門に力が加わる為か痛みが発生していたのに、気のせいか痛みが軽減した様に感じたので、もしかすると効果があるのかも?と思って経過を記録してみました

ほぼ間違いなく切れ痔からの出血と思いましたが、切れ痔からの出血と思い放置していたら実は大腸癌からの出血だったという話も時々耳にしますので、60才手前という事もあり一度大腸の内視鏡検査を受ける事にしようと翌日の3月11日に電話で予約を入れました

3月26日に内視鏡検査を受けた所2.5㎝の腫瘍があり、この大きさの腫瘍だと30%程度が癌らしいのですが、後日検査の結果良性だと分かり安心しました

このまま取らずにずっと放置していたら癌化した可能性が有りますし、今は切れ痔が酷くなってかえって良かったと思っています

心配していた内視鏡の痛みも当日までに切れ痔の状態が改善していた事と、苦痛のない内視鏡診断を得意としている蓮尾先生だったのもあってか、殆ど痛くありませんでした

非常に痛いのでは?と心配して5年間以上も便潜血検査陽性を放置していた私が言うのも何ですが、心配な場合は早目に検査を行う方が良いと思います<(_ _)>

切り取った大腸ポリープですが見ると気持ち悪い方もいると思いますのでご注意下さい

『3月11日』

初めて気功を行った翌朝に排便した時はかなり痛いのですが、激痛とは言えない程度の我慢できる程度の痛みに変化していました 3月10日の夜を100としてみると50程度の痛みになりました

夜に排便した時も同様に50程度の痛みでした

『3月12日』

早朝に排便した時は便の先頭が通過する時のみ少し痛みを感じ、先頭以外は痛くない状態で25程度の痛みになりました

朝は少し痛みが軽減して20程度の痛みになり、夜も20程度の痛みでした

『3月13日』

早朝は便が出てくる前に少し痛みが出るかも?と感じる程度で、実際に少しだけ痛みが出て15程度の痛みになりました

夜も同様の程度でした

『3月14日』

早朝時は便の先頭が通過する時に少し痛みを感じたのですが、今まで常にあった便が出る前の痛いかな?という感覚が無くて10程度の痛みになりました

朝は肛門表面の痛みは全く無く、少し内部の直腸部分?をただ通過する感覚~ほんの少し痛いかも?という状態で早朝時同様の10程度の痛みです

『3月15日』

昨夜に排便が無かったので、お腹周辺に気功を行うと便秘に効果が有るのでは?と思いAM5:30にお腹周辺と肛門に服の上から気功を行ってみました

AM6:00頃に少し便意を感じAM6:10頃にトイレに行き排便しましたが、お腹周辺に気功を行わなくても早朝の排便は殆ど毎日ありましたので、お腹周辺の気功の効果は分かりません

前日同様に表面の痛みは無くて、直腸部分?をただ通過する感覚~すこし痛いかな?という状態で5程度の痛みでスマホを見ながらでも余裕で排便できる様になりました

【便秘も改善?】

私は元々食事を行ったり、これから運動しようと思うだけで便意を感じ、1日に3~4回排便する状態が普通でした

それが令和2年の正月にお腹の中で”混ぜるな危険塩素ガス”が起こってから排便回数が日に1~2回と少なくなり、3月10日にあまりの激痛と出血で気功を始める3~4日前から便意を殆ど感じ無くなりました

便意は感じない状態ですが、切れ痔の痛みが最低でも1日1回は排便を行わないと翌日に排便する時の痛みが非常に強くなるのでは?という恐怖心が有り、整骨院の仕事が終わった後でトイレに30分~1時間程度座り力むのを何度か繰り返して、ほんの僅か便意があった時に力んで1回排便するという状態が数日続いていました

そして3月10日に切れ痔のあまりの激痛にダメ元で気功を行い、最初の2~3日間は排便時の痛みばかり気になり自分でも気が付かなかったのですが、翌日の3月11日から排便の回数が増加していました

回数が増加したのと同時に便意も徐々に感じるようになっていきました

排便後に出血や便の形が気になるので常に便を見ていたのですが、出血は気功を始めてすぐ後から目視で分からなくなりました

カッターで切られる・皮膚が裂けるみたいな鋭い痛みは気功を始めてすぐに無くなったので、出血も無くなったのでは?と思います

これも気功を始めてから数日後に気が付いたのですが、以前程までには戻ってないですが便が徐々に太くなってきました

(切れ痔の状態が悪い時に太い便が出ると非常に痛いし悪化すると思うので、細い便でむしろ助かっていたのですが😁)

【気功について】

令和1年12月中頃に切れ痔になったのですが、私は元々便が太くて排便回数も普段は1日に3~4回あるので切れ痔が回復する時間が無いのでは?と思っていた時に”混ぜるな危険塩素ガス”を起こしてしまい、2月後半から切れ痔の状態が徐々に悪化を始め、ダメ元で気功を行った3月10日を境にどんどん良くなってきました

気功を自分に対して初めて行ったのが、椅子に上る時に片足で踏ん張った時に膝内部からグチュという音が聞こえ、自分で様々な治療を半年間行ってみても殆ど改善しなくて、もう一生治らないのではないか?と思っていた時にダメ元で気功を行ってみると、日に日に痛みが減少して2週間程度で痛みが殆ど無くなったのが最初でした

(今思えば気功を人生で初めて行ったのは母親に対してでした)

その後は、患者さんの非常に治り難い50肩、患者さんに薬を飲んでも治らないと相談された胸焼け、自分に起こり放置していたが治らなかった胸焼け等に気功を行って、非常に効果が有ったのにもかかわらず効果を信用できず、たまたま治る時期だったのでは?と考えて患者さんには積極的に行いませんでした

しかし今回の切れ痔と便秘の場合は、すごく強い激痛だったのに、気功を行ってから30分程度で何となく痛みが軽減しているのでは?と感じ、翌朝には痛みが半減したせいか気功の効果を素直に信用できるようになりました

どのような症状・原因に気功が効果的なのか、まだ多く行っていないので詳しく分からないですが、膝内部の軟骨or半月板?、胸焼け、切れ痔、便秘には非常に効果的だったので、皮膚・粘膜・軟骨等が再生する様に自然治癒力が強く働くようになるのでは?と思っています

なぜ手を当てるだけの気功で効果が有るのか?は自分でも全く分かりませんが、どんな治療でも殆ど改善しなかった膝痛、あんなに痛かった切れ痔や便秘等が改善するなら困っている方には助かるだろうと様々な症状の患者さんに積極的に気功を行おうと気持ちが変化しました

※自分に対して気功を行ったのは、何を行っても治らなかった膝痛が最初ですが、20年以上前の自分が競輪選手だった30歳台の時に末期の肝臓ガンで入院中だった母親に対して行ったのが、今思えば人生で最初の気功でした

以前にヒーリングで有名な高塚光さんに2回ヒーリングを受けた事があったので、”高塚さんみたいに手を当てるだけで母親の心臓破裂が消滅する事が自分にも出来ればなあ”と思いながら、気功を行っている意識は無く肝臓の部分に手を当てていました

手を当ててた数日間は明らかに母親が元気になり調子良くなったのですが、まさか私が手を当てるだけで良くなる訳が無いと思い数日間行っただけで辞めてしまいました

結果は同じだったと思いますが、辞めずに続けていればもしかして?と今でも悔やまれます

【気功の効果の出方】

気功を行った直後は、他の治療方法のダイナトロン・鍼灸・吸玉等と違って殆ど効果がわかりませんが、翌日になると鋭い痛みが少し軽減したりひょっとしたら良くなってるかも?という感じです そして気功を続けると日に日に良くなって改善していく感じです

【気功の治療方法】

服の上や皮膚に手を近づけたり軽く触れたりして行います 

【気功の治療時間】

1か所あたり数十秒程度です

【料金について】

どこか痛めた部分があり整骨院の治療と一緒に行う場合は時間も僅かなので特別に気功の料金は必要ありません

整骨院の保険で出来る治療以外で行う場合は予約の時間が1枠必要なので、通常の実費治療と同様に初回4000円 2回目以降3000円になります

 

予約優先  06-7492-8230

(クリックで電話が掛かります)

初診の時はお伝えください

大阪市西区南堀江3-12-26

田中鍼灸整骨院トップページ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ